薄毛を治すなら育毛剤と育毛シャンプーも忘れずに

育毛シャンプーと育毛剤で薄毛は治せる!

不摂生のせいで髪の毛がなくなる
私は33歳の自営業をやっている男性です。それまではいたって健康な生活を送ってきましたが、30代に入ってからは日ごろの不摂生な生活がたたったのか、頭髪がだんだんと薄くなってきたのです。入浴中や朝起きた時にも気が付けば抜けてしまった髪の毛が目に入り、頭の方もところどころ地肌が見えるまでになってしまいました。私の場合は薄毛の中でも男性特有のM字ハゲとか、頭頂部が河童の皿になるようなタイプではなく、抜け毛の多さゆえに全体的に髪の毛がパサついてまとまらないという感じで、頭皮がベタついてフケも多かった時期に抜け毛が非常に多かったです。とにかく毛髪がうねって癖っ毛になってきたり、洗髪時の抜け毛の多さなどに不安があり、このままではつるつるにハゲてしまうのではと悩んで、普段はあまり鏡を見る習慣がなかったのですが、頭頂部を中心に髪の毛が気になって仕方がなく、毎日のように鏡を見ていた覚えがあります。

 

育毛シャンプーとの出会い
当然このまま黙ってハゲを受け入れるつもりはなかったので、私はインターネットにあるランキングサイトや通販サイトを参考にしながらヘアケアに取り掛かりました。具体的なヘアケア対策はシャンプーの入れ替えから始めました。市販のシャンプーから育毛シャンプーの「イクオス」に変更し、シャンプーした後に育毛剤を利用するヘアケアを開始し、毛髪成長に良いと言われる亜鉛サプリメントの摂取などを行い対策を行ったのですが、雑誌やネットの意見からも情報を収集し、ヘアケアを行っていくという方針を固めました。
始めて育毛シャンプーの「イクオス」を使った時には髪の毛を洗っている感覚がなく、非常に育毛とは相性が悪いと感じた記憶がありますが、のちに育毛シャンプーの特徴として、普通のシャンプーと比べて洗浄力が弱いという事を知り、それも育毛シャンプーだけの特徴である【頭皮にとって必要なだけの皮脂を残しつつ、髪の毛を生やすのに必要な頭皮環境の土台を整える】ことの代償だと思えば、自然と育毛シャンプーへの不安はなくなっていきました。

 

イクオスブラックシャンプー</p>
<p class=イクオスブラックトリートメント" />

↑詳細は今すぐクリック!

 

個人の努力で育毛の道を作る
実際に入浴中にやる手順は、まず育毛シャンプーを使う前に頭を仮洗いし、お湯だけで頭の汚れを落としにかかります。その後に育毛シャンプーの「イクオス」を使って頭を洗っていく生活を続けている内に、育毛シャンプーのイクオスによって頭皮の環境ががらりと変わって、それまでわずらわしく感じていたフケの量が劇的に減っていきました。他にも育毛シャンプーによって頭皮の汚れが落ちた事によって育毛剤も非常に頭皮に染み込みやすくなっており、日に日に悪化していた薄毛の進行がピタッと止まりました。この調子でどんどん薄毛を克服するべく、生活習慣も見直しましたね。食事だけでは育毛に必要なだけの亜鉛が足りないと実感したので、摂取するサプリメントは亜鉛のものだけにし、あとは飲酒を減らして、食事の方もそれまでは油っこいものを主体にしていたのですが、和食中心に変え、動物性たんぱく質や植物性たんぱく質をバランスよく食べるようにしました。理由は簡単で、髪の毛の土台はたんぱく質であるため、育毛を行うにあたって食事が無駄にならないようにしたわけです。

 

イクオスとの出会いで髪の毛が戻った
こうして私は育毛シャンプーのイクオスや、数多くの薄毛を改善した実績がある育毛剤のチャップアップを使い、サプリメントは安価なDHC商品等を活用して育毛にとりかかってきました。実際に意識してヘアケア商品を使ったり、育毛のための栄養摂取を心掛けると、あれだけひどかった抜け毛はほぼ見られなくなり、髪の毛そのものも太く、コシがあるようになってきて、シャンプーを育毛シャンプーのイクオスに変えてからちょうど半年辺りで、「ちゃんと効果が出ている」と実感できるまでになりました。ここで分かったのは、育毛シャンプーや育毛剤を使ってもすぐに髪の毛をふさふさの状態に戻すことはできず、地道に頭皮や髪の毛にとって必要な栄養を補給したり、頭皮の環境を改善することが育毛のための必須事項であるという事です。私の場合は育毛シャンプーの「イクオス」と出会ってから薄毛を脱却できたので、薄毛が気になる方はぜひ、育毛シャンプーのイクオスと育毛剤をセットで購入してから育毛を初めて見てください。

 

育毛シャンプーと育毛剤で薄毛は治せる!

 

イクオスブラックシャンプー</p>
<p class=イクオスブラックトリートメント" />

↑詳細は今すぐクリック!